創業嘉永元年 「伝統」と「新しさ」を 楽しむ和菓子カフェ 不老園 創業嘉永元年 「伝統」と「新しさ」を 楽しむ和菓子カフェ 不老園

歌ごよみ・干菓子

“春は花 夏ほととぎす 秋は月 冬雪冴えて 涼しかりけり”(道元)
歌ごよみ

不老園正光の干菓子

和菓子は季節の移り変わりや風情・趣向を色や形にとり入れ、

それぞれの味覚を繊細に造り出していくものとして

広く愛好されております。
なかでも“茶菓子は”は侘び・寂びの茶の湯において欠くことの

出来ないものでございます。
もともと茶の湯には濃茶と薄茶があり、濃茶の主菓子としては

主として生菓子が、薄茶には生菓子・干菓子の両方が

用いられております。

干菓子には、打もの・押もの・生砂糖・有平糖・流しものなどの種別が

ございますが、これらの菓子を季節のいろどり鮮やかに取り入れ、

それぞれの味を詰合わせましたのが不老園の

“干菓子撰”でございます。


お抹茶・お煎茶の味に趣をそえる不老園の干菓子ならではの

味覚をお楽しみいただけます。

干菓子